• ホーム
  • ゼニカルに副作用は存在する?

ゼニカルに副作用は存在する?

2019年12月22日

腸で作用をするゼニカルは脂肪分解酵素に対しての働きで、効率的にダイエットをするために役立つ医薬品ですが副作用もあります。病院で処方をされる際には、医師からも効果などは説明を受けるものの、飲み続けるなら気を付けることは多いです。ある程度の注意事項を医師は処方の際に伝えてくれますが、実際に飲んでみると思わぬハプニングに出合うこともあります。

肥満解消のために食事で食べた脂肪分を、ゼニカルを飲むことで30%は外へ出すことができますが、便が緩くなったり下痢の症状をもたらすこともあるためです。とても柔らかい便になったり、下痢の症状が出てしまうのは、食事で摂取した油分の吸収がカットされた証でもあります。余計な分は排出をされることで、軽度の状態で起こりますし、ほとんどの場合は一過性のものですから、正しい服用を守ればさほど心配はありません。

食べ過ぎてしまうのが肥満になる大きな原因であり、肉や油料理などが好きな人には、脂肪分をカットして外へ出す医薬品は味方です。油斑は最も良く見られる副作用であり、排泄時のガスや思いがけない急な便意を催すこともあります。トイレで用を足した際の油分を含む便に油の排泄、さらに医薬品を飲むことで排便回数が増えたり、便失禁という失態をしてしまうのも否めません。

注意をしたい一つがおならであり、これまでよりも回数が増えることはよくありますし、一緒に黄色い便が出てしまうことがあります。胃腸に関わるのがおならであり、トイレに駆け込むには時間が足りず、自然現象だけに対処には焦りますが、事前に生理用ナプキンをあてておくことです。

食べた食事の脂肪カロリーがかなり多く、30%をオーバーするようなメニューだと、便が緩くなったり便失禁を起こしたり、下痢になる可能性が高まります。しっかりとゼニカルが効いているものの、その効果は排出の量の増加と共に起こりやすいためです。

胃腸に関連しての不調は食べた食事に深く関わっているので、胃腸に負担が大きくなる1回分の食べる量だけ高カロリーになると、こうしたハプニングは起こりやすくなります。ダイエットに取り入れるのであれば、1日当たりの食べる脂肪摂取量にスポットを当てて、朝昼晩の3回にできるだけ平均的に取り入れることです。

下剤ではありませんがゼニカルを飲むことで、お腹の痛みを感じることもあります。ゴロゴロとしてまるで下痢の際のような腹痛になりますが、トイレでお腹の中の排せつ物が全て出ることで痛みも解消されます。